www.plastetasche.jp
 
 

<ストーリー>

Plastetasche(プラステタシェ)はドイツ人のChristiane GrafeとRobert Loefflerが2003年インドのオーロヴィルという町を訪れた際にブランドを立ち上げました。この地域の人々が弁当を入れたり、買い物をした時に利用するエコバッグの様に使用しているバッグからヒントを得て生まれました。

Plastetascheのバッグはこの町の漁師が漁で使う網やロープと同じ素材が利用されています。この素材は高密度ポリエチレンと言い、非常に耐久性に優れています。彼らはこれに更に3年の月日を費やし、改良を加えバッグのつくりや、強度を安定させることに成功しました。

本社はベルリンにあり、グラフィック・デザイナーでもあるRobert(ロバート)によってヴィヴィッドで、ユニークなデザインが生み出されています。生産はインドで行っており、全てハンドメイドで作られています。

Plastetascheは、ウィーンやシュトゥットゥガルトの美術館でアート作品として販売しており、ロンドンにあるコム デ ギャルソンの革新的な新業態コンセプトショップDover Street Market「ドーバー ストリート マーケット」でも販売されています。
フェアトレードのマインドでインドの女性の自立を支援し、適正な労働条件を整えている工場でのみ生産を行っており生産体制にもこだわっています。

 
 
www.plastetasche.jp Copyright ©2011 Plastetasche Japan. All Rights Reserved